AKIBA
FUKUROU

BLOGブログ

2014.08.14

【満席御礼★】本日も沢山の方々にお越し下さいまして、どうもありがとうございます!《8/15》の営業時間につきまして♪※余談:アキフクの”トリック”ご紹介♥《その2》

☝アキフクのエース♥ベンガルワシミミズクの《ネギ》君☝

実はこの名前、スタッフの子がつけたのですが、初期案は何故か《根岸》でした。。

(因に、コキンメの[山下さん]の名付け親も彼です)

根岸だとちょっとリアリティあり過ぎかなぁ、、と思い、

名札を作る際に勝手に《ネギ》にすり替え、今に至ります、、笑

IMG_1192

フクロウは、同じ種類のでも個体差によって、性格が全く異なる事も面白味の1つですが、

ネギは《大人しい・礼儀正しい・美形》の三拍子そろった優等生!

もう少し成長したら、フライトも難なくこなしそうな雰囲気も。。

アキバフクロウに入ると、まずネギがお出迎えしますので、お楽しみに♥

お一人様での御来店につきまして★

アキバフクロウでは、老若男女問わず、お一人様の御来店も大歓迎です!!

フクロウ好きの友達がいない、でもモフモフしたくてたまらない、そんなアナタ★

大丈夫です^-^

楽しく一時間、フクロウと私達とお話しましょう^ー^

お写真も沢山お撮りしますよ♪

英語とスペイン語も多少話せますので、

外国人のお友達もお気軽にお連れ下さいね★

整理券が後一枚しかないけど、友達2人で行きたい!

そんな場合、窓を優しくノックしてみて下さい。

状況によってはご入場いただける事もございます♪

今朝のフクロウお目覚♪

《モーツアルトピアノソナタ11番 第1楽章》♪

果たしてフクロウちゃん達も、ちょっとはリラックス出来たのでしょうか?

α波が出ている事を祈ります!

「胎教」なるものは「胎児」そのものに直接影響を与えるものではなく、

妊婦に対し影響があると考えるのが妥当ですが、きっと、その様なものかもです。。

本日お越し下さいました皆様、楽しいお時間を、

どうもありがとうございました♪

 

そして、本日も早くからお並びいただき、

昨日から連日でお越しの方も、そしてお断りさせて頂いたお客様も多数、、。

遠方からもお見えいただきました。

オープン当初にして、沢山の皆様の御来店、スタッフ一同、とても驚いております。。

どうもありがとうございます♪

これから、フクロウの素晴らしさを、

ゆっくりと秋葉原から発信して行けたらと思っておりますので、宜しくお願いいたします★

【本日のピックアップ♥フクロウ】

IMG_0924

パッチリつけま★ナンベイヒナフクロウの《ピーナッツ》ちゃん!

クリクリお目目のピーナッツちゃんは、超甘えん坊♥

IMG_0928

ナデナデしてもピーピー♪

お腹が減ってもピーピー♪

IMG_0929

もう、、カワイ過ぎて、、

このままずっと雛のままでいないかしら。。。

雛独特の、なんとも言えぬこのモフモフ感は今期限定ですので、

是非、会いにきて下さいね^^

明日は☟コチラ☟の時間帯で営業を行います♪

《お昼のフクロウタイム》12:00-13:00 / 13:00-14:00 / 14:00-15:00 / 15:00-16:00
《夜のフクロウタイム》16:00-17:00 / 17:00-18:00
※各回イベント《フクロウ “de” フォト♥》付き/定員10名様

《お昼のフクロウタイム》《夜のフクロウタイム》って何だ?とお考え方へ★

アキフクは、デイとナイトで、全く異なる内観となります。

《照明・音楽・アナウンス》等、一度御来店頂いたお客様にもまた別の楽しみ方が出来ます様に、

二面性を持たせています。

リラックス効果は、夜の方が高い様に思えます♪

まるで北欧のbarにいる様な感覚で、、、

こちらは、御来店後のお楽しみです♥

お店には25名様分の席数がございますが、

オープン当初という事もあり、フクロウちゃん達にかかる負担を出来るだけ軽くしたいので、

各回10名様限定とさせていただきます。

そして、フクロウ達がお疲れの表情を見せた時点で、

《お休み札》を貼らせて頂くスタイルをとらせていただきます。

フクロウは神経質な動物なので、機嫌や雰囲気を見極め、

即座に反映させるシステムが適していると思います。

ご理解頂ければ幸いです。

当日の11:00に、店頭に1日分の整理券、《アキフク♥トランプパス》☟を張り出します。

スクリーンショット 2014-08-11 22.23.55

ご希望のお時間帯の整理券をお取りとりいただき、

各ご希望時間10分前迄に店頭にお集まりいただければと思います。

店頭へお集り頂きましたら、フクロウQ&A(日本語・英語・中国語・韓国語ver有)をお配りいたします。

フクロウの事が分からない方々にも、ある程度予備知識を持っていただいた上で御入店いただきたく思い、作成した物です。

(一万五千文字程のボリュームがありますので、こちらもお楽しみに!)

お客様が早くから店前まで整理券を取りに来て頂く事、とても申訳なく思っております。
お忙しい方や遠方にお住まいの方、海外の方々が、お気軽にお越し頂ける事が理想です。

予約システムの完成を急ぎまますので、今暫くお待ち頂ければと思います。

《アキフク♥トランプパス》につきまして、、、

折角店頭までお越し頂くのであれば、整理券も可愛い物にしたいと思い、

一枚一枚丁寧にラミネートして作っているのですが、

またまた本日、カードが15枚程戻ってきませんでした。。泣

お持ち出しされる事で、お入り頂けない方がいらっしゃるのが、とても残念です。

もしかしたら、このシステムは適していないのかもしれません。

もしくは、もっと無難な整理券にすればよいのか。。(でもそれじゃワクワクしませんよね)

御来店予定無くお持ち出しされた場合は、

下記ミッションを実行します(!?)ので、宜しくお願いいたします!

注意書き 店頭貼り紙2

整理券はお一人様一枚分ですが、
代表の方がお越し頂ければ、お友達の分もお取り頂いて大丈夫です★

ご希望のお時間に直接越しいただいても大丈夫ですが、整理券が無い場合、

ご入場出来ない可能性もありますので、ご理解いただけると幸いです。

☟お店の外観はコチラ☟

_P0A0132

《営業日程につきまして》

オープン当初ですので、前日の営業終了後にふくろうちゃんの様子を確認し、

翌日の営業ができるかどうかBlogにて日々ご報告させて頂きます。

当日お越しいただきましても、営業していない場合もございますので、ご理解いただけると幸いです。

システム面含めまだまだ荒削りな部分が多く、予約方式等ご迷惑を多々おかけしておりますが、

1つ1つ改善していけたらと思っておりますので、もう少々お待ちいただければ幸いです!

アキフクの”トリック”ご紹介♥《その2》※長文です

余談ですが、アキフクではフクロウちゃん達がリラックス出来る環境を最優先とした上で、

お客様にも最大限お寛ぎいただけるよう、様々な”仕掛け” を組み込んでおります☆

現代はストレス社会と言われ、さまざまなリラクゼーション施設が流行していますが、

アキフクを作るにあたりまして、最大のテーマとした事は【現実離れした、癒しのひと時】です♪

お客様からいただく1時間は、白紙の自由時間ではなく、タイムテーブルを作成し、

退屈させる事のない “夢のお時間” を体感頂ける様な時間配分をしております。

癒しとエンターテインメントが融合した非日常空間として、

ゆったり楽しくお過ごし頂けるよう、最大限のおもてなしをスタッフ一同、心がけております。

以下、少しマニアックな内容です。

ご興味のある方のみどうぞ。。。

私が考える、お客様を癒しへと誘うアイテムは3つ。
《音楽・照明・色》です。

 

400px-Einzelne_Kerze

そして、癒しの最大の要素は《ゆらぎ》です。

本日は、その内の1つ、

《照明》に関しまして。

欧米では当たり前のようになっている・・というより主流になっているのが間接照明です。

比べてみると、日本では明るさ最優先という効率主義を目指したおかげで、直接照明が主流になっています。

しかし、谷崎潤一郎が著書“陰影礼賛”で評したとおり、日本人はもともと光と影のうち影にこそ美があるといった美意識を持っているのです。

間接照明はその影を楽しむ物である以上、日本人の美意識にあわないわけは無いのです。

実際、間接照明による影や空間の広がりに対して思わず心が癒される日本人は多いことでしょう。

まずは照明の色。

これは癒し効果を求めるなら、暖色系のものが適しています。

フクロウ達も”より”立体的に見える様な気もします。

明度はかなり下げ気味・・・ぼんやりと光が広がっている程度のものがよいでしょう。

そういった器具を使って、足元を中心にくつろいでいる箇所からは光源の位置が特定できない場所に設置するのが、

もっとも癒し効果が高いとされています。

上記理想は、まだまだ再現できておりませんが、実現する為に必要な機器は”調光”です。

光の微妙な強弱のグラデーションが、非日常を演出します。

そしてもう1つは、キャンドルの炎による ”ゆらぎ” です。

私の中での鉄板マリアージュ《フクロウ&キャンドル》

この素晴らしい組合せを、是非ともお客様へ味わって頂きたかったのです。

アキバフクロウには【二面性】があります。

飲食店にランチとディナーがある様に《お昼のフクロウタイム》と《夜のフクロウタイム》があります。

夜のフクロウタイムでは、フクロウにも優しいLEDのキャンドルが無数に置かれています。

キャンドルの炎には、人の心を落ち着かせる効果があると言われているのです。

それは炎に《1/fのゆらぎ効果》がある為です。

1/fのゆらぎ効果とは、人にとって心地よく感じる規則性を持ったパターンを指します。

完全な規則性と不完全な不規則性のちょうど中間にあるのが1/fのゆらぎです。

ちょっとお話が変わりますが、光が心身に与える影響に焦点をあててみましょう。

癒されると感じる光の種類は?

という質問に対して、10代~60代の男女600人に行われたアンケートの結果、

半数以上の人が夕日や月明りなど夕方から夜にかけての自然光を挙げていました。

また、キャンドルライトも6割と癒し効果としての人気が高く、炎のゆらめきに魅力を感じるようです。

反対に人工光の癒し効果はあまり期待できず、蛍光灯やLEDの評価は低く、

もっとも高い、と言われる白熱灯でも2割程度でした。

あかりの色についても夕日やキャンドルライトを連想させる、

オレンジが8割近くと飛びぬけて多い結果が得られています。

屋内労働者が増加している今日では一日中、人工光の下で過ごすという人が大半です。

昼間はオフィスや学校の蛍光灯の下で視作業を行い、

夜も煌々と明るい部屋でテレビを見て過ごすという生活では、

目を酷使しているとしか言いようがありません。

アンケートでも肩こりや眼精疲労を感じるという人が多く出ていましたが、

このような生活をしているからではないでしょうか。

私の前職はエンジニアでしたが、朝から晩までの一定の蛍光灯に苦痛を感じた事を覚えています。

また人間の体には一日のリズム(生体リズム)があり、体温やホルモンのバランスも変化しています。

朝から日中は明るい光の中で活動し、夕方から夜にかけては徐々にあかりを落とし休息に入るのが、

本来人間の体に合った生活といえます。

そのリズムが狂ってしまうと心身の健康にひずみがでることになります。

北ヨーロッパの緯度の高い地域では、冬は日照時間が短くうつ病や自殺が多いことは良く知られています。

私も冬至の頃に何回か北欧を訪れたことがありますが、午前9時を過ぎてようやく日が昇り、

午後の3時過ぎには暗くなってしまうので、そのような光を何日か浴びているうちにさすが明るい太陽の日差しが恋しくなりました。

日照時間が短い地域では冬場に、顔面部だけでも人工照明を一定時間当てる治療法も行われていて、成果が認められています。

話が大分それてしまいましたが。。。

お店の照明は全て暖色を中心に、シャンデリアや間接照明で演出しております★

お昼と夜ではうってかわった内観となりますので、そちらもお楽しみに♪

以上、余談でした★

アキバフクロウは、フクロウの購入が出来るだけではなく、
非日常を体感出来る、素晴らしいお部屋にしたいと考えております★

フクロウ達を大切に、そして、お客様へは癒しのエンターテイメントを。

他、フクロウにまつわる様々なイベント等も御用意しておりますので、お楽しみに♪

それでは、また明日スタッフ一同、ならびに、フクロウちゃん達一同、

皆様のお越しを、楽しみにしております★

『明日もフクロウチャージで、オン!☆』

これからも【安らぎと癒しのお部屋♥アキバフクロウ】を、どうぞ宜しくお願いいたします!

アキフク店主より

■□■    Map    ■□■

お店はこちらです。

近くのコインパーキングはこちらです。

■□■

アキバフクロウ – Akiba Fukurou –

《akiba2960.com》

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町67 アキバフクロウビル1F

RELATED

RESERVATION

2018/02 2018/03
25(sun) 26(mon) 27(tue) 28(wed) 1(thu) 2(fri) 3(sat) 4(sun) 5(mon) 6(tue) 7(wed) 8(thu) 9(fri) 10(sat)
12:00〜13:00 × - × × - -
13:00〜14:00 × - × - -
14:00〜15:00 × - - -
15:00〜16:00 × - - -
16:00〜17:00 × × - × - -
17:00〜18:00 × - × - -
18:00〜19:00 - - - - - - - - - -

ACCESS

【By Reservation only】
〒101-0022 67, Neribeicho, Kanda, Chiyodaku, Tokyo
Akiba Fukurou is a world with no phones. Please take some time to contact us through the website.