AKIBA
FUKUROU

BLOGブログ

2014.11.27

♥︎取材につきまして♥︎

この度はお忙しい中ご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

撮影日時や条件等、双方に差支えが無ければ、喜んでお引き受けさせていただきます。

土地柄か、取材や収録のお申込をいただく事が多く、大変ありがたく思いますが、8割方をお断りさせていただいております。

フクロウ達の管理は、スタッフ一丸となり、日々細心の注意を払い最善を尽くしております。

メンテナンス、繋留方法や衛生面、お客様との接し方等、この先も常に最適化を計り、よりフクロウ達がリラックス出来る環境を作っていきたいと思っている所存です。

実際にフクロウを飼育されている方はお分かりかと思いますが、フクロウの飼育は簡単ではありません。

神経質な性質の上、環境変化に完全に馴染むのに、長ければ一年程を要します。昨日迎え入れたフクロウと今日から仲良く、なんて事は稀で、大概の子には多くのストレスがかかります。
鳥さんは、痛みや病気を隠す特徴がある為、昨日まで元気に見えた子も、日が明けたら突然死んでしまった、という事も珍しくはありません。

フクロウは愛玩動物としての歴史が浅く、飼育方法も実に人夫々です。

間違えた情報がメディアで一度でも流れてしまうと、取り返しがつかなくなると共に、全国の猛禽ファンの方々に多大なご迷惑をおかけする事にもなります。

アキバフクロウは、フクロウ飼育にとって最適な管理方法を、常に学習していく姿勢でありたいと思っています。

純粋にフクロウ達をご紹介いただけるのであれば、喜んでお引き受けさせていただきますが『取材なので、何か特別にして欲しい』といったご要望は、この先も全てお断りさせていただきます。

私自身、フクロウが好き過ぎて、昼も夜も、夢の中までもフクロウ一辺倒となってしまい、一羽でも多くのフクロウを幸せにしていきたいという願いもあり、アキバフクロウを出店いたしました。

別で仕事を持っておりますと、どうしても家を空けなければならず、フクロウが元気にしているのか、リーシュに絡まって身動きが取れなくなっていないか、湿度や室温は最適な環境下にあるか、…等、気が気で無い日々が続きました。そんな飼い主さんも全国に多くおられるかと思います。

店舗運営型の利点は、現場スタッフがフクロウ達に張り付き、付きっきりでフクロウ達を管理出来し続けられる事です。仕事を持ちながらペットして飼育するより、遥かに
そして、お客様への “類希なるやすらぎ” へ繋がるのではと考え、出店させていただいた次第です。

『何か芸をさせたい』『レポーターにフクロウの管理をさせたい(餌やり・水やり・水浴び・メンテナンス等)』等の項目につきましては、この先も一切取材は引き受けない方向です。

アキフクの子達を大切に思っていただいている愛好家の方々や、フクロウを見る事を楽しみに御来店下さるお客様を最優先とさせていただきたく思います。純粋に、お楽しみ頂ける延長での取材であれば、喜んでお引き受けさせていただきます。

メディアの方々へ、上記をご理解、ご協力いただけますと幸甚に存じます。
宜しくお願いいたします。

from アキフク店主

RELATED

RESERVATION

2018/11 2018/12
19(mon) 20(tue) 21(wed) 22(thu) 23(fri) 24(sat) 25(sun) 26(mon) 27(tue) 28(wed) 29(thu) 30(fri) 1(sat) 2(sun)
12:00〜13:00 × - × - ×
13:00〜14:00 × - -
14:00〜15:00 × - × -
15:00〜16:00 × - × × - ×
16:00〜17:00 × - × × -
17:00〜18:00 × - × × -
18:00〜19:00 - - - - - × - - - - -

ACCESS

【By Reservation only】
〒101-0022 67, Neribeicho, Kanda, Chiyodaku, Tokyo
Akiba Fukurou is a world with no phones. Please take some time to contact us through the website.