【アビシニアンワシミミズク販売価格】東京フクロウ専門店|値段・特徴・寿命

2021年3月9日

アビシニアンワシミミズク

アビシニアンワシミミズクの値段

アビシニアンワシミミズク
種類アビシニアンワシミミズク
販売価格360,000円
(税込 396,000円)
分割払い34,600円 / 月
(金利0%)
生年月日2021年 7月
出生国国内ブリード
名前ロイヤルショコラ

お問合せ窓口

アビシニアンワシミミズクの寿命・生態

アビシニアンワシミミズク
種類アビシニアンワシミミズク
学名Bubo magellanicus
Bubo cinerascens
英名Abyssinian Long-eared Owl
Greyish Eagle Owl
Vermiculated Eagle Owl
分類動物界鳥綱フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属
分布セネガルからエチオピア、ケニア北部および中部
生態草原地帯〜人里近くまで。密林を避ける傾向。
全長40〜45cm
体重600〜750g
寿命10〜20年
餌   野生下 ➤ 大型の昆虫類・鳥類・哺乳類
飼育下 ➤ マウス・ウズラ・ヒヨコ
餌代8,000円程(1ヶ月)
鳴き声柔らかい中低音で「フォーウ」「フーフ」と数回繰り返す

アビシニアンワシミミズクの動画

アビシニアンワシミミズクの特徴

アビシニアンワシミミズク

中〜大型種で慣れやすいアビシニアンワシミミズクは、飼育しやすく丈夫で、ペットフクロウとしてもおすすめ出来るミミズクです。

フクロウ飼育が初心者の方でも扱いやすい種類です。

耳のように見える羽角(うかく)がよく目立ちます。

アビシニアンワシミミズクのチャート表

アビシニアンワシミミズク特徴

可愛さとカッコよさ満点!

可愛さ
カッコよさ
馴れやすさ
飼育のしやすさ
飛翔力

アビシニアンワシミミズクの性格

アビシニアンワシミミズク

フレンドリーなワシミミズクです。ヒト馴れ・フクロウ慣れもしやすく、多頭飼いにも適しています。

生体に迫力もあり「フクロウを飼育している!」という実感・満足感が得られる種類です。

アビシニアンワシミミズク

適切に飼育すれば、早い段階から家族の一員として深い信頼関係を結ぶ事が出来ます。

飛翔力も高く、室内・屋外フライトも楽しめます。

アビシニアンワシミミズクの大きさ

アビシニアンワシミミズク|ニュージーランドアオバズク

フクロウの大きさ比較

全長40〜45cm程。大き過ぎず小さ過ぎず、丁度良いサイズ感!

体重は600〜750g程。取り扱いしやすいサイズです。

アビシニアンワシミミズクの寿命

アビシニアンワシミミズク

寿命は約10〜20年

飼育下においてフクロウは基本的に長寿で、たくさんの時間を共有できる伴侶動物です。

小型フクロウの寿命10〜15年
中型フクロウの寿命10〜20年
大型フクロウの寿命15〜30年

病気などで短くなる事や、逆にもっと長くなったりすることもあります。

普段から様子を観察して、細かい変化に気付いてあげましょう。

アビシニアンワシミミズクの飼育

アビシニアンワシミミズク

ご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください!

\フクロウの事を聞いてみる/

フクロウお迎えご相談窓口

※コンシェルジュ直通

ご予約〜お迎えまでの流れ

インドコキンメフクロウ

フクロウ販売|サポート内容一覧

ベンガルワシミミズク

フクロウはお迎えした後も安定した餌の供給や、嘴・爪のメンテナンスなど、飼育上で大切なケアがあります。

  • 生体の状態
  • 販売店の飼育指針
  • 購入後のアフターサポート

フクロウのご購入は、生体価格だけで決めるのではなく、上記も考慮してお迎えいただく事をおすすめいたします。

アキバフクロウのサポート内容はこちらからご覧頂けます↓

フクロウの飼い方ガイド|餌・温度

フクロウ飼育初心者

基本的には、止まり木に繋留して飼育します。

一般的な飼い方は、アンクレット付けて猛禽専用パーチに繋いでおく方法があります。

自然木や丸太などに人工芝を貼ると、足裏を痛めずおすすめです。

ケージに入れて飼育する方法もありますが、人離れする可能性が高く、ペットフクロウとして飼育する場合は推奨しておりません。

フクロウの餌

フクロウの餌

フクロウは猛禽類なので、基本的に肉食です。

野性のフクロウは、ハタネズミ等の哺乳類や雀などの鳥類など、色んなものを食べます。

飼育下においては、栄養価のバランスが優れフクロウに適した主食はマウス(ハツカネズミ)です。

フクロウの餌代(一ヶ月)

フクロウの餌
小型フクロウ5,000円程
中型フクロウ7,000円程
大型フクロウ10,000円程

1日に与える餌の量は、フクロウの体重の8〜15%程を目安に。

小型種ほど体重当たりのエサ要求割合は高く、大型種ほど低い傾向にあります。

フクロウのメンテナンス

フクロウのメンテナンス

フクロウの嘴や爪も、人と同じように月日が経つにつれて伸びていきます。 飼育下では定期的にメンテナンスをしてあげます。

伸びすぎた爪は人にとって危険なだけではなく、フクロウにとっても危険です。

フクロウに負荷の低い、丁寧で素早い施術を施しますのでご安心ください。

フクロウの給水

メンフクロウ2羽

フクロウは水分を餌から摂取しますが、気が向くと飲み水で水浴びをすることもあります。

必要な時にいつでも飲めるよう、少し大きめで浅めの容器を用意しましょう。

 特に暑い夏場は頭から水を掛けてあげ、垂れる水を飲むので、常に新鮮なものを与えます。

フクロウの水浴び

ユーラシアワシミミズクの写真

不衛生にしていると、足からくる病気になる可能性も考えられます。毎朝しっかりと洗いましょう。

足回りはフクロウの生命線です

シャワーをかけていると日々の汚れが落ちて、尾脂腺(びしせん)から出る油が羽に乗り、艶が出て撥水効果も高まります。

羽に油膜が貼り、健康を維持出来ます。

フクロウの病気

メンフクロウの写真

体質によって、かかりやすい病気は様々です。

フクロウは体調不良を隠します

普段と異なる様子を感じたら、根拠のない様子見はやめてすぐに病院へ連れていきましょう。

フクロウの飼育温度・湿度

夏場の温度23~26度
夏場の湿度37~60%
冬場の温度18~22度
冬場の湿度45~60%

ヒトが適温と感じる、暑すぎず寒すぎない温度で問題ありません。梅雨時や、夏場の高温による蒸れなどには注意を。

風通しを良くして、温度や湿度を調節します。

日本の気候は四季がハッキリしているので、それに順応させることが長く飼育するコツです!

関連記事

このページをシェアして友達に教える